販売優位棚を確保するためにできること

店内

メーカー側の営業担当者が商品を販売する全ての販売店で、売り場の拡大や有利な棚を確保することは容易ではありません。直接店長や担当者と密接なコミュニケーションを測ることができるラウンダーは、営業支援ツールとして必須のものになっています。ラウンダーを導入することで、小売店との関係性を深くすることが可能です。ライバル会社の商品よりも自社製品をより有利に展開させるためには重要な役割を果たします。営業や本部が決めた業務を元に、ラウンダーは担当する小売店を定期的にまわります。依頼された業務依頼書を元に、活動内容や小売店担当者の反応などをフィードバックしてもらうことで、営業戦略の見直しや企画を立案する流れです。自社で専門スタッフを採用することだけでなく、専門会社に業務を依頼し、業務を完全にアウトソースすることもできます。専門会社に依頼すると、知識やコミュニケーション能力が高い人材が揃っているので、よりスムーズな営業支援を期待できるでしょう。

営業面で有利に働く

店員

販売が有利になる棚や販売戦略を見つけるためには、ラウンダーの交渉が重要です。小売店では、本部での商談では導入が決まっているはずなのに、店頭に商品が並んでいないというケースが多くあります。店頭販売支援ツールを送っていても、なくなっていたり、旧製品が店頭から外されていないということもあるのです。ラウンダーが定期的に店舗を訪問することで、本部が決めた販売戦略を確実に実行し、売り場拡大へつなげることができます。複数の店舗に足を運ぶラウンダーは、ライバル企業の商品の販売戦略についても詳しく知ることが可能です。業務の遂行だけでなく、それらの情報を随時報告してもらうことで定番商品以外の商品の売り場獲得などにもメリットがあります。アウトソースした場合には、基本的なビジネスマナーだけでなく、入店から交渉方法などをしっかり教育され、経験を積んだスタッフが担当します。スタッフは営業経験のある主婦など、消費者の目に近い人材が多いです。そのため、自社製品を消費者により手の届きやすく見やすい場所に設置することができるのです。ビジュアルマーチャンダイジングを強化した売り場作りには不可欠な営業ツールとなります。新しい製品の場合には、小売店側に商品情報がうまく伝わらないことが多いです。商品サンプルの提供や販売員への情報提供などを行うことで、より自社製品の認知を行うことができます。その結果として、商品の売り上げ拡大や認知度アップなどにつながるのです。

広告募集中